屋根裏をめざそう!

yaneura

ドイツの幼稚園でポピュラーなゲームだそうです。すごろくです。
ボードはお家で、いろんなお部屋を通りながら屋根裏部屋を目指します。サイコロの目の数で進むのですが、☆マークの目が出るとカードを1枚引き、各お部屋の絵の中からカードに描いてあるアイテムがあるところに移動します。移動は前進とは限らず大きく後退することもしばしばです。アイテムを探す時が絵本のミッケ!みたいで楽しいのです。生き生きとしたドイツの生活の風景です。ゆっくりみんなで探すことを楽しみながら、行きつ戻りつしながら、のんびり進めるゲームです。
ひとつひとつのお部屋に見入ってしまいます。ああ、外国ではこんなふうに暮らしてるのかなあと、日本と違うところを知るのもいいですね。お風呂には子どもだけで入ってるなあとか、ゆったりといろんなお部屋があっていいなあとか。家族でゲームや、おじいちゃんと木製レール遊び、一般的なのかしら?と思ったり。単にすごろくの勝ち負けだけではなく、ストーリーがたくさん込められたゲームだと思います。

お家がボードになっています。各お部屋は並べ替えができます。

外国のくらしを想像したりして、楽しいです。

ご注文について

商品スペック

商品名屋根裏をめざそう!
メーカーRavensburger/ラベンスバーガー社(ドイツ)
価格3,400円+税 (3,672円 8%税込)
対象年齢4歳〜
内容ゲーム盤
部屋タイル 16枚
アイテムカード 20枚
コマ 4、サイコロ
サイズボード 32cm x 44cm

Ravensburger/ラベンスバーガー社(ドイツ)|すべての商品|ボードゲーム|2人〜4人で遊ぶゲーム|3・4歳〜のゲーム
Email this to someonePrint this pageShare on FacebookTweet about this on Twitter