ハーンのお人形

決して派手なお人形ではありません。かわいい!!と思わず声が出るようなお人形ではなさそうです。ふと気になってお値段を見ると、思ったよりずっと高価だと思います。

よく見ると、この輪郭がすごくすごく丁寧に削られていることがわかると思います。子どものほっぺってこういうふうになっている、と思います。低くて柔らかそうな鼻筋とか、かすかにおでこちゃんとか。

そして、ひとつの木のかたまりからお人形を削りだしている風景を思い浮かべます。ものすごく心を込めて、ひとつひとつ手で丁寧に削っているのだと思います。一体作るのにどれだけの時間がかかるのだろう。手間と思いがこもったものは、やはり強く何かを訴える力を持っていると思います。でも最初私は気づきませんでした。そんな人の思いにきちんと気づけるようでありたいなあと思います。ハーンのお人形、今店内にいるのは男の子と女の子

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookTweet about this on Twitter