モンスター画家

家族で笑い転げたゲーム『モンスター画家』です。
各自お題を決めて、縦半分に折った紙の左側に左半身を描きます。裏返して、まだ何も描かれていない右半身を表にして隣の人に送ります。隣の人は裏に描いてあるお題を見て右半身を描き加えます。お題を知っているのは二人なので、それ以外の人でお題を当てます。勝ち負けというよりそのプロセスを楽しむゲームです。描けた人から宣言してペンを置き、最後の一人はまだできていなくてもやめなくてはいけないので、あまりゆっくりと緻密には描いていられません。それがまた良いのです。

特にこのセットがなくても、自分で紙を用意して同じように遊べると思います。一応薄くボディが印刷されているので、専用の紙を使えばあまりに左右がずれすぎることがないのが良い点です。
それでも、これだけずれてます。

思い込みというか、うろ覚えというか。
ミッキーやトトロ、鬼太郎、目玉おやじ、ほんとにこんなですかね。

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookTweet about this on Twitter