むずかしいよ

クルテクでは実際におもちゃに触れてみてから選んでいただくことを大切にしています。
だからこその難しさに出会うときがあります。子どもさんの遊ぶ様子を見て夢中になっているものを選びたい、また、これがいいかなと思ったものの反応を見たい、そう思ってお子さんとご来店になるときです。

はじめてたくさんのおもちゃに囲まれて、遊び力の高いお子さんの中には全部試したくて仕方ない方もいます。次々に試してみるので『どれかに特に夢中になるっていう感じじゃないね』と思われてしまう。遊んでいる途中で「どれが好きだった?」と聞かれて、生返事で「わからない」と答えて遊び続けるお子さん、『特に好きなものはなさそうね』と思われてしまう。何かひとつ買ってもらって家に帰るより、今ここで遊んでいる楽しい時間のことしか見えてないことは決して少なくないです。同じく、これどう?と反応を見てみたいものをすすめても、今自分で選んだ遊びが大切なだけでそれに興味がないわけでもないのですが、無関心に見えて『これには興味示さないみたい』ということになってしまう。

店内では、どのおもちゃがどういう動きをするかをお試しいただくことはできます。もちろんそこから思いがけないお子さんの姿を見出し、お家での遊びのイメージが膨らむこともあると思います。が、店内でお子さんが遊ぶ様子がおうちで遊ぶ様子のそれほどの参考資料にはならないこともあります。店内で試していただけるおもちゃは、大人の方の判断のためにと考えています。おもちゃは、大人が選んであげて欲しいです。お子さんは、遊びたいだけだと思うんです。おもちゃ選び、楽しく、そしてなかなかむずかしいですね。

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookTweet about this on Twitter