つぶやいた日

気まぐれながら店舗のTwitterもあります。

静岡の百町森さんセミナーに出席した時の行きの新幹線でのこと、ちょっと印象に残ったできごとがあって、珍しく続けて投稿しました。

※三連休の新幹線混んでる!帰りの指定は取れなかった。出張っていつも平日だったからびっくり。いろんな声、いろんな匂い。仕事に行くより行楽気分になるね。

※新幹線。後ろの席の小さい女の子のおしゃべりが止まらなかったけど、朝早かったので寝こけてた。隣席の婦人が振り返って女の子を諌めた声で目覚めた。子どもがうるさいのは耳に日常的なの。もうちょい寝たかった(。-_-。)

※女の子のご家族がデッキに散歩に連れたり、抱っこして静かにお話ししたり、頑張ってこの時間を過ごしてる。スマホ見せてたらもっと楽だと思う。女の子にしたらその努力の方が楽しい旅の思い出になるね。ほっこりする。

※女の子のおばあちゃんが丁寧に穏やかに女の子の相手をしている。多分その息子であるパパも同じ。女の子のおしゃべりも感情豊かで年相応の好奇心に溢れて楽しい。子どもへの接し方は人格として受け継がれるんだろうな。

※隣席の婦人は下車する際に私の荷物をまたぎながら靴のかかとが私の膝にヒット。何も言わずに不機嫌なまま降りていった。痛いやん(´・_・`)なんかホッとして女の子と少しおしゃべりして、私も降りた。

と…
朝5時半の越後線で出発し、新幹線内では寝るつもりでいたし、本当に私は子どもが普通におしゃべりしている声は日常すぎるのか眠るのを妨げないのです。3人がけシートのひとつ空けて隣の方が、振り返って鋭く「いい加減にしてください!」と言った声は、私を起こすものであり、今も耳に残っています。
その方も新潟から乗ってらしたから、朝早かったんだと思います。指定席を確保してゆっくり寝ながら行こうと思ったら、まさかの騒音だったのでしょう。耐え切れずに声を上げたけれど、その後だってきっと気分の良いものではなかったはず。
店内には、よくこれから乗り物に乗られる方が、車内で静かに過ごせるおもちゃを探しにいらっしゃいます。ぬりえやゲーム、蜜ろう粘土、マグネットなど、一緒に考えてご提案しています。同行されるお家の方も一所懸命。楽しい旅行におしゃべりがはずむ子どもさんのこともよくわかる。

そうだな、子連れ専用車両があるのがいいのかなあ。

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookTweet about this on Twitter