げ・ん・き

げ・ん・き143号は、読み応えあります。静岡のセミナーで、ここに登場されている細田先生のお話を聞いてきました。
私が保育環境について考え出したのも傍線を引いたところの考え方に共感したから。
幼児教育は、今の小学校で困らない子を育てるためのものであるべきではないと考えてます。

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookTweet about this on Twitter