6年生のボードゲーム

長男のお友達が遊びにきて、店内にあるボードゲームで遊び始めました。
長男もそうなんだけど、そのお友達も、初めてやるゲームのルール理解がめちゃくちゃ早い。長男の、そんなの説明のうちに入るか!と言いたくなるような二言三言で、「あ、わかった」と言って、本当にわかっていて、初回から対等にやってて、2回めには既にベテラン。脳のタイプで人をカテゴリー分けしたら、絶対に同じところには入らないと思った。
男の子に多いのかもしれません。ボードゲームクラブのゲーム好きな方々も似た感じです。たまーに店舗に来てくださったときに、まだ見たことのないゲームがあったら、箱をの裏を見て、表をみて、また裏を見たくらいで、中もあけないでだいたいどんなゲームかわかっている感じ。

今日彼らがやっていたのは、ガイスター、ペンタゴシステム、アバロン、マスターマインド、どうぶつしょうぎ、でした。
見ていたら、とてもおもしろかった。

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookTweet about this on Twitter