熱意

幼稚園の先生と懇談の機会がありました。
保育で目指すこと、それが子どもの今とこの先にどうつながるかということ、子どもを持ったからには必要な覚悟とそこから生まれること、子育てを取り巻いていること、保育者に望むこと…たくさんのお話をしました。
熱意のある先生は、戦いに挑んでいます。そこまで頑張らなくても、日々の保育はそれなりに流れていくのに、敢えて難しいことに粘り強く取り組むのは、ただ子どもが幸せだとなんだか自分も嬉しいということに尽きるのだと思います。
お話することで、励まされました。また時々そんな機会を持ちたいです。

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookTweet about this on Twitter