マンモスハンター

mamut

ハリガリのようにカードをどんどん出していって、条件がそろったらアクションを起こします。
手札はプレーヤーが順番に出すのではなく、一人が手札をどんどん表に向けて出して、全て出しきったら、次は次の人が同じようにどんどん出していくというやり方です。

条件は、場に同じ動物が3枚、または同じ色の背景が3枚そろったときです。中央にある棍棒カードをげんこつハンマーでドンと叩きます。(このときたいてい拳同士がぶつかります。痛いです…しかしこれが盛り上がりのカギのひとつ。)

このゲームのテーマである原始時代(?)らしいルールと思えるのが、一度条件整い得たカードもその時に完全に自分のものになるのではなく、他の人にいつ奪われるかわからないところです。最後の最後までわかりません。あとになるほど獲物は大きくなっていきます。

同じ動物または同じ色、と条件は一つではないし、動物の種類も色もたくさんあるので、どこに注目していたら良いか、気が散ってしまいます。幅広い視野かつ反射神経が必要で、ぐっと集中し、時々アクションが入り、盛り上がるゲームです。持ち運びに便利な小箱です。

ご注文について

商品スペック

商品名マンモスハンター
メーカーAmigo/アミーゴ社(ドイツ)
価格1,400円+税(1,512円 8%税込)
対象年齢6歳〜

Amigo/アミーゴ社(ドイツ)|すべての商品|ボードゲーム&カードゲーム|2人〜4人で遊ぶゲーム|5・6歳〜のゲーム
Email this to someonePrint this pageShare on FacebookTweet about this on Twitter