ジュニアオーケストラ・フェスティバル 2010 in NIIGATA

全国の7つの公立ジュニアオーケストラが練習や演奏を通じての交流を持つこの企画。
本日は、メインコンサートです。演奏を聴きに行ってきました。
12時半開演、終了は18時という、マラソンコンサートです。途中で休憩が3回入りますが、 座っている時間は長く、お尻や腰に少々、来ます。 でも、演奏自体は、7団体と選抜オケが次々続き、飽きることなくとても楽しかったです。

規模、演奏技術、選曲、衣装も、それぞれ本当に個性的で、演奏者(指揮者)でこんなにも音が違 うのね、という変化もおもしろかったですが、また地域性も豊かに出ており、それが楽しかったで す。 北九州、岡山、浜松、墨田、三鷹、仙台、新潟、の団体が集まったわけですが、新潟の子は奥ゆか しいというか、控えめというか。自分だけ突出するのが苦手というか、和を尊ぶというか。 他は太平洋側や暖かい地域で、そちらって、やっぱり明るい! 演奏もトークも明るいのだけれど、新潟のお客さんにそれにウケるベースが今ひとつなく、あんま り笑ってあげられなかったのがちょっとごめんね、という感じでした。 でも、かわいい子、かっこいい子が多いのは新潟かも?! もちろん、新潟の演奏も、充分に良かったです。本質的に日頃の練習は真面目なのだと思います。

子どもが頑張っているのは、何でも、素直に良いです。 ただ頑張ることだけが目的、仲間が純粋に仲間、そんな頃がうらやましいですよね。
新潟のジュニアは、合唱、邦楽、オーケストラとありますが、どれもとても頑張っています。ぜひ 機会がありましたら演奏会をお聴きになってみてくださいね!

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookTweet about this on Twitter