お弁当

毎日夫のお弁当、それから週末は試合とか一日練習とかで、1〜3人分のお弁当は作っていますが、今日は5人分必要でした。5人分必要ならまとめて大きなお弁当箱に入れてみんなでつまむことはあるけれど、今日は5人それぞれにお弁当箱が必要でした。
ごはんを七合セットして炊き(朝食分も含まれてますよ)、おかずを何種類か作って並べ、5つの空のお弁当箱にどんどん詰めていきます。流れ作業で詰めていくのって、たまにやるとなんだか楽しかった。全部詰めたあと並べて、それを眺めているのも楽しかったです。

アメリカの幼稚園に勤めていた頃、お弁当の子も給食の子もいるのですが、お弁当の子って、プラスティックの大きなランチボックスに、ラップに包んだサンドイッチ(ピーナッツバター+いちごジャムか、ハム+チーズが大多数)、コーラやスプライト350ml缶1本(フルーツや野菜ジュースの子もたまにいる)、野菜スティックorバナナorりんご、以上、これがスタンダードでした。日本人としては驚くでしょ!これでいいなら作れる、と誰でも思うと思うのですが、いやちょっとこれは…と思うからお弁当が面倒なのだと思います。

日本人母さんほどマメなお弁当をつくる人たちはいないのではないかと思いますよ。

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookTweet about this on Twitter