坂道

どうかな?と思う坂道で、車がはまってしまいました。積雪量はともかく、凍っていたようです。やっぱりだめだったか。
ぎゅるるるる、といい音たてたら、坂道沿いのお家のカーテンが開いて、お母さんとふたりの小さいお子さんが窓にぴたっと、私の車を見つめています。声は聞こえないけれど、時々顔を合わせてお話ししている様子は「あの車、はまっちゃったね。どうなるんだろうね。」という感じの会話かな。
そんな露骨に見られてたら恥ずかしいじゃないですか〜こっちからも丸見えなんだよ。

脇道があったのでそろそろとバックで入り、方向転換して登りかけていた坂道をまた下って別の道で帰りました。バックでブレーキが利かないところもあったのでヒヤヒヤしましたが、わりとあっさり解決してよかった。

政令指定都市の中心部に近いところで、雪が降るたびにこれはないでしょう〜と、いつも思う。
実家の方は、たいして雪が降らなくても、1時間に数台しか車が通らない道であっても、融雪装置(=消雪パイプ)がある。新潟市中心部は地盤沈下の問題で設置できないようですが、代替策があっても良いと思う。そうでなければ四駆の車を購入する補助金でもつけていただければ…

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookTweet about this on Twitter