TIPP KICK ティップキック

やっと撮影完了。ティップキックをご紹介します。
ティップキックはドイツ生まれ。80年の伝統を誇るアナログサッカーゲームです。

こちらはスポーツスタジアムセット。フェンスに囲まれたグリーンは臨場感溢れます!

サッカー少年の次男は、ちゃんと選手入場からやりたいの。テーマソングまで自前で入場です。

放っておくと『国歌斉唱』までやりだす勢い。ま、挨拶程度にとどめて試合開始としましょう。

頭のボタンを押すと足が上がりボールをキックします。いきなりゴールを狙っちゃいけないのはルール通り。どちらのチームのボールかというのは、2色に塗り分けられたボールの上を向いた面の色で決まります。今回は、赤チームは、白面が上の時に攻撃できます。

白面が続いた。チャンス!ここからゴールを狙います。ディフェンスは、決められた距離を空けて守ります。

ゴールキーパー、ナイスセーブ!ディフェンスは抜きましたがキーパーに止められてしまいました。

キーパーはこのレバーで動かします。このキーパーは左右と、前にも倒れます。セットによってキーパーの種類が変わります。気合入ってます。

攻撃が代わりました。さあ黄色チーム、攻めていきましょう!
という感じで、5分ハーフで戦います。角度や力加減で、コーナーから直接得点も可能!そんな時は選手に代わって得点のダンスを踊りましょう?!

セット以外の選手も単品で揃えることができます。やはり人気があるのはこのあたり。
アウェー用のユニフォームまで揃っているという念の入りようなのです。ユニフォームのデザインが変わると、それにも対応します。日本代表は新ユニフォームが発表になりましたね。只今そちらをオーダー中とのことです。
この写真の日本代表の足元に注目。インサイドキックの足になってますね。蹴り方の違う選手を揃えることができますので、そちらも戦略に入れるとますます楽しい!

普段はコツコツと個人技を磨き、来る(来るのか?!)krtek杯に向けてチーム力を上げていただきたいと思います。(ほんと、いつかやりたい)
セットはいろいろあります。遊ぶ状況に合わせてご提案しますので、ぜひご相談くださいね。

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookTweet about this on Twitter