おもちゃ屋会談

実家へ行っていた間、地元の2軒のおもちゃ店を訪ね、3名の同じ仕事の仲間にお会いして来ました。
品揃え、ディスプレイ、方針など、それぞれ必ずしも同じではないですが、だからこそ自分が大切にしているスタイルがより明確になったように感じました。
もうすぐ開店8年。いろいろやってみて、その間チャレンジあり、失敗あり、出会いあり、気付きあり。かなり絞ってそぎ落として、最近は落ち着いているように感じます。講演も出店も、たくさんの方に出会うことが出きる機会であり、広めたいおもちゃの広報活動の場ではありますが、きっかけではあっても結局見ていただきたいもの、お伝えしたいことの全ては、この小さな店舗の中にある。
これまで訪れた中でも、クルテクほど小さく狭い店はありません。2組入っていただくともう狭い感がかなり強くなります。それでも、ここを訪ねてくださる方に対して、私のできることが最もたくさんあると、思っています。

決して多くはない、おもちゃの専門店。なのに、一軒一軒が個性的。そんな仲間とのおもちゃ屋談義は、いつまでたっても尽きず、本当に楽しいひと時でした。クルテクの個性にお付き合い下さる皆さま、本当にいつもありがとうございます。クルテクらしさをしっかり持ち、それを通すことでご来店くださる皆さまに何かお返しすることができないのか、これからもしっかり考えていきます。

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookTweet about this on Twitter