この時期になると、寝ていても、夢の中でも開店しています。
すごくリアルにお電話を受け、FAXを流し、包装し、確認のお電話を差し上げています。
これがすごく困ります。現実と混同します。
お受けしたはずなのに記録がない!
確か入荷したはずなのに入ってきていない!
あれは夢だったのか、現実だったのか…

もう少しすると、ミスの悪夢を見るようになります。
一番許されないミス、品物の入れ違いの夢に毎年うなされます。
これは夢だけであって欲しい。

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookTweet about this on Twitter