クリスマスツリー選び

img_5099

クリスマスツリーは「今年はついに!」と数年越しで決められる方が多いように感じます。今年気になっていらっしゃる方にも来年か再来年には、とお考えの方もあるかもしれませんね。

今店内では2つのメーカーのクリスマツリーを取り扱いしています。
RSグローバルトレード
10604730_10203538664240295_8783186342902771199_o-1024x546
ホーゲボーニング
HWtree

どちらも、質はトップレベルです。葉っぱが落ちてこないのはもちろん、色や枝ぶり、樹形なども、本物に近づけていると思います。

RSグローバルトレードは円錐形、ホーゲボーニングは苗木のモミの形ですね。ホーゲボーニングの形だったモミの苗木が成長に伴って自然と円錐形に落ち着いてくるようです。流通しているツリー用の生のもみの木だと、成熟した円錐形より若々しい苗木の形の方がなじみがあるかもしれません。

店内の傾向ですと、小さいツリーをお選びになったあと大きいサイズに変更されることは時々ありますが、逆は少ないです。今年一番販売数が多いのはRSグローバルトレードの150cm、次はホーゲボーニングの160cmかな。

店内のサンプルは毎年、何年も同じものを出しています。劣化を感じることはなく、長持ちするツリーです。葉っぱの質感や、サイズの感覚などはぜひ実際ご覧になってご検討いただけたらと思います。週末は特に店内混み合ってきましたが、開店直後はまだ比較的ゆとりをもってご覧いただけそうです。店内の状況にもよりますが、展示していないサイズのものもお出しできますのでお声かけくださいね。

 

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookTweet about this on Twitter