ソロバン

soroban

子どもと数ということについては、モンテッソーリ教師養成機関で学んだときに初めてパーッと開けたというか、新しい概念を得た気がしました。それまでは、数字が読めること、書けること、1から順に数え上げることができること、それが子どもと数との出会いだと思っていました。

モンテッソーリの「数」の分野で、数に、数字ではなく量から入っていったことにハッとしました。でもそれはよく理解できることでした。感覚的に小→大を経験して、量には段階があることを知って後、量を分解すると数になっていく経験がとてもおもしろいと感じ、遊びの中で数に出会うときには量の違いや変化を意識するようになりました。

百玉ソロバンと言われるこういった形のおもちゃもその一つです。

1本のバーに10個のビーズが通されています。10段あって、ビーズの総数は100です。ビーズをスライドさせると量が変わります。1本のバーの中で総量は変わらず、10個をどのような量で分けるかを体験します。

モンテッソーリもフレーベルも10を大切なまとまりとしています。フレーベルの恩物は、10cmを4分割した2.5cmがベースですし(※恩物サイズは教師の学習用とのことでした)、フレーベル理論を大切にするデュシマ社の積木は3分割の約3.3cmが基尺です(子どもの手にはこのサイズが適している、とのことでした)。

デュシマ社の小さめのソロバンは、膝において寝かせて使うこともできるサイズです。扱いやすいと思います。また、同じ色が繰り返されているのも特徴の一つです。指で数えたときに5ずつで分けられるから、らしいのですが、またデュシマ社のお話をお聞きする機会があったときにぜひ聞いてみたいところです。

音や動きがなめらかで触っているだけで楽しいので、指先の動きを促すおもちゃとしても小さい頃から親しんでいただけます。いろいろな不思議を引き出します。

ソロバン (soroban)
販売価格 (税別) ¥4,500
在庫状態 : 在庫有り
ご注文について
ギフト包装をご希望の方へ

商品スペック

商品コードsoroban
商品名ソロバン
メーカー名Dusyma/デュシマ社(ドイツ)
対象年齢1歳半頃〜
サイズ横幅21.5cm

Dusyma/デュシマ社(ドイツ)|すべての商品|パズル・学ぶ・考える|モンテッソーリ副教材