フレーベルの恩物 積み木

フレーベル理論を要約すると『大人が、子どもの持つ全てを引き出すために、適したものを用いて仲介的役割となりその環境をよりよく形にする』ということだと理解しています。

その、【適したもの】が恩物ということになると思います。

フレーベルの恩物は第1恩物である6色の毛糸玉から始まり、系統立てて進んでいくのですが、第3恩物〜第6恩物までが積木です。幼児教育に積木が取り入れられた最初と言われています。

第3恩物は立方体が8個です。

第1恩物の球から第3恩物の立方体に至るまでを、赤ちゃんから幼児までの知的成長の軌跡としています。
この8個で平面遊び、立体遊び、人とのやり取りなど、たくさん楽しみます。

さて、この立方体を基準に形が変わります。
立方体を真ん中でスライスして横につなげたレンガ型が第4恩物です。

どの面も同じ正方形であった立方体から、見る面によって形が違うことに気づきます。
現象の多様性に気づく頃です。

サイズとしては仲良し。
重ねるとぴったり合います。

立方体を基準に分割が進んでいきます。

第5恩物は、立方体を基準にななめにカットしたもので構成されています。

2つカット。

4つカット。

第5恩物Bでは立方体から円柱へのバリエーションです。
 

並べること、積むことが豊かになります。
 

第6恩物は第4恩物レンガ型からのカットです。

縦割り、横割り、カットによって形がずいぶん変わります。
もとに戻すとレンガ型です。

これを幼稚園という集団の場に取り入れ、系統だった遊びを進めていくことで、幼児期に必要な育ちが促されると考えられました。幼稚園、保育園で積み木遊びが大切にされることは、今も意味のあることとして多く実践されています。

恩物の積木は基本のサイズが2.5cmです。
これは、幼児に手渡すサイズと言うより、教師が積木を保育に取り入れることについて学ぶために縮小したサイズとされています。
ドイツでのフレーベル研修の様子その1。
ドイツでのフレーベル研修の様子その2。
大人もその深さに夢中になってしまいます。保育者や指導者、積木好きの大人にもおすすめです。

子ども向け、集団向けには、フレーベル積木ウールレンガ積木が適しています。バリエーション積木も豊富です。

 

 恩物3

  恩物4

フレーベルの恩物5 恩物5

フレーベルの恩物6 恩物6