みどり幼稚園さんへ

みどり幼稚園さんへ、園内研修に行ってきました。
中央区にある、少人数の歴史ある幼稚園です。
デュシマのレンガ積木をたくさんお持ちなのですが、この度いくつか新しく積木が入り、積木ワークを中心に、遊びのヒントをお伝えしてきました。

もとからお持ちのセラネフスピールに加えて新しくリグノ、それから新しくグリムの積木が入ったので、

整理のために積木の最初から。

つまりフレーベルから。

恩物1からお話して、恩物3と4、それからモザイクでペアワーク。
積木をポンと渡されると、案外戸惑います。すぐには遊べない。たった8個や16個でも。
子どもが積木で遊んでくれないとお悩みの方も、いざ手にすると戸惑いが理解できるかもしれません。

でも、積んでみる。

ちょっと具体的になってきました。

ペアの先生と、「先生!こうやるとカメさんみたいです♪」

いいねいいね。


できました。ノアの箱舟です。


できました。カメさんが泳いでます。お魚もやってきました。


できました!

ん?
こちらは、太陽と月を表現しようと思ったら最初に手にした色画用紙の色(ピンク)がいまいちでした。お部屋の隅から黒画用紙を見つけて取りかえ。土星らしきものも。

まず大人が使ってみることが大事だと思うのです。
フレーベルも、子どもに与える前に大人が十分に体験と勉強ができるよう先生用に25mmを整えたとか。

そして、基尺のお話からネフスピールとリグノのモデル、グリムが入ってくると積木の世界にどんなことが起きてくるかなど、急ぎ足でしたが、ご覧いただきました。

新しいおもちゃは子どもだけではなくて大人だってワクワクします。
どんな楽しいことしようか!おもちゃを活かすためにどのように環境を作ろうか、保育についてみんなで考えるきっかけにもなると思います。

楽しい時間が始まりますように。

↓22歳大学生作。