おもちゃが日本に到着すると…

実は、輸入のもので、対象年齢に6歳以下が含まれるおもちゃは、食品等の扱いになり、輸入時に食品検査が課せられます。口に入れることがあるから、食品並みの扱いなんです。正規の輸入代理店は、全部しっかりこれを通しています。この検査、時間もコストもかかるんだそうです。生産国でもきっちり検査して、さらに輸入の時に検査して、販売する方も「安全ですよ」とおすすめすることができます。

輸入して、この検査を通さないで販売することは、法律違反になります。郵送による個人輸入だと、この検査をスルーして手元に届きます。自分のために使うのなら問題ないのですが…

うさぎのニーノ→対象年齢3歳から、ねことねずみの大レース→対象年齢4歳から、こういったゲーム類だって、みんな検査の対象です。

さてさて。検査を法律で課す一方で、検査を通さなくても手に入れる方法がある。それを個人で使おうと、販売しちゃおうと、チェック機関も機能していないみたいです。どこからどこまでが問題なのか。そもそもその検査を課すこと?検査に抜け穴があること??抜け穴を利用すること???

ひとまず、クルテクで販売している輸入のおもちゃは、必要な検査は全て通過したものです。ご安心くださいね〜

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookTweet about this on Twitter