出雲崎(いずもざき)保育園さんに行ってきました

IMG_20160829_120918

午前中、三島郡出雲崎町にある出雲崎保育園さんにお邪魔してきました。
今日は、園内で地域の方に開かれた子育てサロンの日です。その中で、いろいろなおもちゃと遊びを紹介する機会をいただき、おもちゃを積み込んで海岸を走ってきました。快晴で、佐渡がドーンと間近にくっきり見える日でした。

サロンでは、まだ抱っこちゃんの小さい赤ちゃんとママが来てくださり、赤ちゃんなりに好奇心いっぱいの表情でおもちゃに手を伸ばしていました。
自由に遊んでいただきながら、幼児期に大切にしたい経験と、それが学童期以降の育ちにどのように影響してくるかということを、お話しさせていただきました。特に、さまざまな経験の中のひとつとして、良いおもちゃで遊び込むということにスポットを当て、良い遊びの良い道具としてのおもちゃに触れていただきました。とてもおだやかな時間が流れ、どの親子さんもおもちゃを媒介に通じ合う時間を楽しんでいただけたようでした。赤ちゃんは、本当にすごい『何か』を持っている。特別な存在ですね。

このサロンは、出雲崎保育園さんで開かれているということが重要なポイントです。出雲崎保育園さんが、今、保育全体を通して取り組んでいらっしゃることは、子どもの育ちにとても大切なことだと私は共感しています。先生たちの学ぶ意欲が旺盛で、訪れる度に工夫と学びの実績を目にします。

子どもを取り巻く環境が子どもの遊びを決めるという、遊びを中心とした質の高い保育のキーワード『環境』に早くから注目し、園庭整備、職員研修、そして室内環境づくりを、少しずつ、時間をかけ厚みを増してきました。クルテクではおもちゃを中心とした室内環境づくりで関わりを持たせていただき、(長岡地区のおもちゃコーディネーターさん達が出雲崎保育園さんの取り組みに協力的で、つなげてくださったり、今日も助っ人に来てくださっていました!)活き活きと遊び込む園児さん達に私のほうが新しい気づきをいただいています。

IMG_20160829_120834

玄関ホール。朝登園してすぐ目に入る場所に、「今日は遊ぶぞ!」と思わせる仕掛けがあると一日の始まりがワクワクしますね。
手ぬぐいをタペストリーとして使い季節を表現していました。

保育室へ向かう階段の脇には、これから遊ぶおもちゃ!そして遊んだ跡!
IMG_20160829_120840
IMG_20160829_120959
それから、
IMG_20160829_120852
保育への取り組みを丁寧にお知らせすることで、家庭と保育園のつながりがスムーズになることに心を配っています。お迎えの時にこんな様子が見られると嬉しいと思います。

IMG_20160829_120902

美しいおもちゃは、遊び道具であり、美的な環境でもあります。美しいものに触れることが自分の周りの環境を大切にすることにつながる、というお話しを、今日させていただきました。

出雲崎町は中越地区にあります。クルテクからは車で1時間〜1時間半くらいでしょうか。中越地区の子育て支援や、幼児教育から小学校教育への接続への取り組みには学ぶところがたくさんあります。出雲崎保育園は、その中で中核として中越地域に発信していく園となっていくことと思います。新潟市からドライブがてら、見学をしてみたい方は、ぜひお問い合わせになってみてくださいね。

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookTweet about this on Twitter