HildaHildaトレインクッションバッグ いぬ/ねこ・青

HIL-KB-06
HildaHildaトレインクッションバッグ いぬ/ねこ・青
ギフト包装
在庫状態 : 在庫有り
¥10,120(税込)
数量

両面でデザインが異なります。片面がいぬ、もう片面がねこのデザインです。

ヒルダヒルダ・トレインクッションバッグとは?

この小ぶりのバッグは、クッションとしても使えることを想定したユニークなものです。子どもが室内で脱いでしまった防寒着や、ブランケットを入れておくと、ちょっとした座布団や枕になります。

コットン100%で、クッションとして肌が触れることも考えた、心地よいジャガード織りです。頬ずりしたくなってしまうさわり心地です。

ファスナーはL字に開きます。子どもにも出し入れしやすくなっています。

パンタグラフが持ち手なのがかわいい。子どもの手に持ちやすいデザインなので、自分で持ちたくなりますね。

並べると、電車がつながっているようです。

柄は、表と裏で異なります。どの面が表になっていてもかわいい、愛らしいバッグです。

HildaHildaヒルダヒルダ

輸入元サイトより

HildaHildaはテキスタイルデザイナー兼エンジニアのLott Hildebrandが1995年にスウェーデンのストックホルムに設立しました。

その後 義理の妹であるGabriella Hildebrandがセールスとマーケティングの分野で2007年より協力することになり今日に至ります。

特徴であるユニークで大らかなデザインは、常にLottのフィーリングや直感に従って制作されています。

Lottのコンセプトは“トレンドであること” や所謂成功するための秘訣といったことにまったく囚われることなく、そのときどきに自分自身が何を感じたのか、何を描きたいのかをベースに制作をおこなうこと。彼女の創作意欲が掻き立てられるものは主に「自然」「テクノロジー」「ストックホルムのシティ・ライフ」ですが、この”ハード”と”ソフト”の微妙なミックスから HildaHildaの遊び心溢れる、素朴な、そして時にはまるで子供が描いたような純真なモチーフ、デザインが生まれます。

Lott Hildebrand
スウェーデンのルンドで土木技師になるための勉強中に製織の世界を知る。ファブリックの世界をより探求するため、大学で1年間のサバティカルリーブを取得し、デンマークのカッターズ・アカデミーに学び、スウェーデンのOelandでいつくかの織物クラスに参加する。
こうして本格的にテキスタイル・エンジニアになるべくスウェーデンのBoras大学内のSwedishSchool of Texitilesで製織を学ぶ。1994年、Hilda Hildaを設立する1年前に、テキスタイル・エンジニアの修士号取得のプロジェクトとしてのカラージャガード織りを始める。HildaHildaのフ ァブリックは、この時からLott Hildebrand独自のテクニックで製織されている。

Gabriella Hildebrand
携帯電話などの最先端デジタルメディア業界でマーケティングコンサルタント助手として従事し、デンマークのダイムラー・クライスラー社などに勤務した後、自身の起業家的センスをいかしたいという夢とHilda Hildaの製品とそのデザインをより多くの人へ紹介したいという夢のもとに、義理の姉妹でもあるLottとGabriellaは2007年の暮れから互いに協力しあうこととなった。

 店主のおすすめポイント

北国の冬、外は寒いのでしっかり厚手の防寒着を着ますが、室内に入ると暖かくて上着は脱いでしまうこと、ありますよね。防寒着は大人が持ってあげることが多いですが、かさばるし、ツルツル滑り落ちそうで気を使います。このクッションバッグに入れてしまえばかわいく簡単に持ち運びができますし、ちょっと座ったり寝転んだりするときはクッションになってくれます。気持ちが上がる電車デザインだから、自分で持ちたがるかも。

中にブランケットを入れておけば、ウトウトしたときにバッグから出してかけてあげることもできますね。車に常備しておいても良いかも。

商品コードHIL-KB-06
商品名  HildaHildaトレインクッションバッグ いぬ/ねこ・青
メーカー HildaHilda・ヒルダヒルダ/スウェーデン
対象年齢 生活用品
サイズ  約 縦23 × 横28 × マチ6cm
素材   コットン100%(ジャガード織り)
洗濯上の注意:40℃を限度とし、洗濯機による洗濯ができます。漂白剤は使用しないで下さい。初めての洗濯時に約6%収縮します。