15年というのは

5年前、ちょうど店が10年経ったときの店の様子です。このあとに、今の医学町ビルに移転しました。
店内はとても狭くて、サンプルしか置けなくて、販売する商品は奥から取り出して来てました。

上の子が年長、真ん中が年少、末っ子が1歳4ヶ月のときに店を始めました。それから15年経って、上二人は大学生となり家から出て、末っ子も今年から高校生です。
15年というのは、子育てをしながら店をしていた期間です。

末っ子の義務教育も終え、完全に育児が終わったとまでは言えなくとも、子育て渦中からはちょっと抜け出したように思っています。これからもできるところまで仕事は続けられたらいいなと願っていますが、15年は子育て中→子育て後の節目になるように感じています。

15年前、10月に開業して、その年12月には真ん中が大病して入院するわ、翌3月には末っ子が救急車で運ばれ治療に入るわ。
学校からは呼び出されるし、電話がかかってくるし、菓子折り持って謝りに出かけたし、目を離せばいろいろやらかしてくれて、本気で叱ったし、お互いプチ家出してみたり、怒ったり嘆いたり…ああ騒がしかったと思います。

一通りすぎると、こんなに静かになるんだと感じています。

22日のイベントでは、お二人の先生の子育て講座の時に、ちょこっとだけ店主のクルテク+子育てのことも振り返ってみようと思います。スライド作れるかな、と考えながら写真を見返していました。懐かしいおもちゃがたくさん出てきました!