Dear Mr. Santa Claus

11月に入り、クリスマスの贈り物のご相談をお受けしています。何がいいかなあと迷うお姿に、私もお子さんの顔を思い浮かべながら一緒にあれこれ思いを巡らせます。

そして例年のことですが、ついうっかり自分の子ども達の顔を思い浮かべるのを忘れる!!
直前になったら大忙しで忘れる可能性がどんどん高くなるので、早めに用意して安心しておきたい。
我が家のサンタ事情はクルテク通信に書いた通りで、だからこそ「今更?」とも思われるかもしれないけど、やはりクリスマスの朝そわそわして起きてきて、ツリーのもとに駆け寄って、あれが来たこれをもらったと静かに騒いでいる姿を、実は親が見たい!
プレゼントを受け取った子どもはもちろん嬉しいのだけれど、贈り物って、贈った人も同じくらい嬉しいのですよね。

あと数年したら、例えばクリスマスの朝に向けて、家族みんなが家族みんなへ内緒でプレゼントを用意する、そしてそれを一斉に交換会する、そんなふうなのもいいなあと思い描いてみたりして。子どもが大きくなるとそういう絵が見えてくるんですね。クルテクの中にいるといつまでも子どもが小さかった頃の絵を見続けることができて、ほんと幸せな時期。ということで、やっぱりすぐに忘れる、我が子の顔…

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookTweet about this on Twitter