なかなか難しい

たくさんサンプルに実際に触れていただくことを大切にしているクルテクですが、お子さんに当てはめるのがなかなか難しい時があります。

大人は「これが良さそう」という候補があって、実際に子どもさんがそれでどんなふうに遊ぶのか、見てみたい。
「ほら、これどう?」
でも!子どもの方は、いろーんなおもちゃがある中で、あれもこれもやってみたくて、「これどう?」にすぐにはじっくり取り組めないこともあります。大人だって、初めて入ったお店で見たことがないものがたくさんある時は、自分のペースで気の向いたものから見たいですもんね。

うーん、せっかくの機会なのに。はい、大人の気持ちの方もよーくわかります。
もしかしたら店内ではあまり関心を示さないようにみえても、お家での環境や、大人の関わり方によっては店内とぜんぜん違う反応を見せてくれることも、これまたよくあるんですよね〜

これはもう、お子さんはお子さんで遊ぶに任せて、大人はその様子を見つつ、これをお子さんの使うおもちゃとしたい、と思ったものをしっかり大人の目で確かめて、見立てたご自身を信じるしかないかも。
クルテクのおもちゃは、関わり方次第で大きく変わる要素が詰まっているものが多いですから、『これをどう生かし、どう我が子と遊ぼうかな』と、食材を持ち帰るようなつもりで、楽しんでお選びいただけたら嬉しいです。