遊びとおもちゃの専門店krtek select toys

こぶたのかけっこ・すすめコブタくん・こぶたのレインボーレース:4歳からの最後までワクワクすごろく

Rüsselbande

ルールが楽しいすごろく

コマはこぶたさん、ボードは道カードをつなげたもの。ゲームを楽しくするルールがたくさん盛り込まれており、さすがアレックス・ランドルフさん、最後までワクワク、何度も遊びたくなります。

遊び方

7人まで一緒に遊べます。自分の好きな色のこぶたコマを決めましょう。

こぶたのかけっこ

ボードは8枚の道カードをつなげて自由な形に作ります。道カードは裏表デザインが違い、毎回違うコースで遊べます。ゲームを始める前から楽しい作業です。このコースを駆け抜けて、最初にゴールに着いたこぶたさんが勝ちです。

順番を決め、時計回りにサイコロを振ります。サイコロのルールがおもしろい。

こぶたのかけっこサイコロ

出たら悲しい「1」ですが、黒だと違います。
黒の1が出るともう一回サイコロを振ることができます。嬉しい1に早変わり。

こぶたのかけっこサイコロ

黒の「3」が出たときに、自分のこぶたが最後尾だったらもう一度サイコロを振ることができます。逆転のチャンスか?

こうして、サイコロ目に従って自分のこぶたを進めていきます。このサイコロルールは早々に負けが確定するということが起こりにくく、最後まで接戦になりがちで楽しい。

同じマスに到着したこぶたは、先にいたこぶたの背中におんぶしてもらえます。おんぶしてもらって移動するラクちんなこぶたさんもいます。サイコロの目は4までなのでゆったりと進みます。みんなで一緒にゴールすることもあります。

こぶたのかけっこ

1回だけ道を延長できるルールもあります。サイコロを振る代わりに自分の色のチップを置いて一番うしろの道カードをゴールより先につなげます。負けそうになったらここで粘る。

7人まで一緒に遊べるので、いろんな世代で共に楽しんでみてはいかがでしょう。

ここが素敵

ドイツゲームのこだわりは、ゲームシステムのおもしろさだけでなく、箱を手にしたときから、開けたときから、の遊び心にあります。デザインも含めてゲームの世界観をつくっています。

こぶたのかけっこ箱

内箱のイラストがかわいい。このこぶたさんたちは、ゴールを目指して一目散と言うより、ところどころ遊んじゃっているのではないでしょうか。

こぶたのかけっこ積木モデル

こぶたのかけっこ

 

こぶたを積木にして遊べるパターン表もついています。ゲームの本質には関わらないのですが、楽しい気持ちがぐっと上がります。

こぶたのかけっこ

 

同じイラスト作家のゲーム

ガイスタートレッペ
ガイスタートレッペ

 

こぶたのかけっこ・すすめコブタくん・こぶたのレインボーレース (Rüsselbande)
販売価格 (税込) ¥5,280
在庫状態 : 在庫有り
ご注文について
ギフト包装をご希望の方へ

商品スペック

商品コードRüsselbande
商品名こぶたのかけっこ・すすめコブタくん・こぶたのレインボーレース
メーカー名Drei Magier/ドライマギア社(ドイツ)
対象年齢4歳半〜
内容道のボード:8枚
こぶたコマ:7色
チップ :7色
サイコロ
作者Alex Randolph

すべての商品|ボードゲーム|ボードゲーム&カードゲーム|園・支援センターで|年齢差があっても遊べるゲーム|5・6歳〜のゲーム|5人以上で遊べるゲーム