遊びとおもちゃの専門店krtek select toys

新通こども園子育て支援センター「たんぽぽ」さんでお話

思い出の支援センター

新潟市西区にあります、新通こども園さん併設の子育て支援センター「たんぽぽ」さんに呼んでいただき、おもちゃや子育てのお話をさせていただきました。これまでにも何度かこの機会をいただいており、いつ訪れても気持ちの良い支援センターさんです。

私の子どもがまだ小さかった20数年前、初めて訪れた支援センターがたんぽぽさんでした。当時、勤めていた東京の園で木のおもちゃに出会い、グッと惹かれてそれから自分の子育てに入り、新潟に移り住んで、木のおもちゃのお店や置いている支援センター、園を探していました。そんな中でヒットしたのがこちらでした。

今回のテーマ

これまで、子どもさんの発達段階に合わせたおもちゃ選び、遊びをテーマにさせていただくことが多かったのですが、今回は少し、私の子育てや、おもちゃ選びの原点のようなこともお話させていただきました。

木のおもちゃといってもいろいろある中で、なぜコレなのか、そういったことです。作り手の思想、文化背景がおもちゃに映し出されている。子どもを1人の人間として対等に尊重しているからこその丁寧な作り、洗練されたデザインなのだと。

途切れず手渡していきたい

私はいつまでたっても人前でのお話は緊張するので好きではなくて、やはり今回もドキドキしていて、それは赤ちゃんたちには伝わっていたと思います。親子講座でしたが、子どもさんたちもちょっと緊張している様子。

お話が進み、実際におもちゃを動かし始めると、私もリラックスするし、子どもさんたちがそこでフッと緩んだのがとても良くわかりました。好奇心で目がキラキラして、動きも活発になります。本当におもちゃの力ってすごいなと思いました。さっそく遊びだし、動き出し、その様子を見ている大人はとても幸せです。よいおもちゃ、良い遊びと一緒に育って欲しいと改めて強く思いました。

ご家庭に限らず、園や支援センターで良いおもちゃや遊びに出会うことができます。全力で遊ぶ子どもの姿って尊いものだなといつも感じ入ります。これからも良いおもちゃに触れていただく機会を増やすためにできることを考えました。たんぽぽさん、ありがとうございました。